市川駅ちかくの「らー麺 あけどや」で味噌ら~麺を食べた。

JR市川駅前のラーメン屋さんの「あけどや」で味噌ら~麺を食べてみることにした。

ら~麺 あけどやの外観
ら~麺 あけどやの外観


あけどやは、JR市川駅の南口から徒歩2,3分くらいの場所にある。いわゆる人気のお店。時々、お店の前に行列ができているのをみかけることがある。

あけどやの店内には券売機が設置してあって、まず、券売機でチケットを買う方式だけど、用意されているメニューの数も多いせいか、行列で並んでいる人向けにメニューを見せているようだ。

お店の入り口にはメニューが。
お店の入り口にはメニューが。

ラーメンは、汁そばが濃厚味噌(スープ)と淡麗醤油(スープ)、それにつけ麺が用意されているようだ。つけ麺は味噌味のようだった。といった感じで、あけどやの基本は味噌スープのような気がしたので、味噌ら~麺のチケットを買ってみた。

店員さんにチケットを渡してラーメンができるのを待ちながら調べてみると、あけどやの店主さんは

  • 八千代台のパンケ
  • 船橋の拉麺阿修羅

で修行されたらしい。しかも、あけどやが営業している店舗は、以前は拉麺阿修羅の支店だったらしく。八千代のパンケって何かのタイミングで聞いたことがあるが、老舗の人気店だった気がするし、拉麺阿修羅も船橋郵便局の近くという、便利とも言えない立地にも関わらず、多くの人が訪れる人気店だったと思う。店主は、いわゆる人気店で修行したエリートなんだなぁ…とぼんやり考えていたらラーメンが提供された。

複雑なスープというか、複数の味噌をブレンドしているだけではなく、鶏や豚、さらには魚介系のスープまで組み合わされているような気がするスープ。実にリッチな味わい。大きめのチャーシューは存在感もさることながら、軟らかい食感は味噌スープによく合う。味噌ラーメンの定番トッピングのコーンも乗せられていた。

あけどや味噌ら~麺
あけどや味噌ら~麺

麺は少しだけ太めの縮れ麺。食感が良く、あぁ、ラーメンを食べてるなぁと実感できるし、スープとの相性もいいような気がする。トッピングのチャーシューとスープ、そして麺が三位一体になっているようで実にいい感じ。

少しだけ太めの麺。心地よい食感。
少しだけ太めの麺。心地よい食感。

しばらく食べ進めた上で、味噌ら~麺に付いてきた味変アイテム「柚子生姜」を使ってみることにした。スープの温度が多少下がって、ちょっとしつこさが気になり始めるところで「柚子生姜」を使ってみると、一気にさわやかな雰囲気になった。なかなか優秀な味変。

味変アイテム「柚子生姜」が付いてきた。
味変アイテム「柚子生姜」が付いてきた。

他の味変アイテムはこんな感じ。定番のブラックペッパーや一味、ゴマなどが用意されていた。

味変アイテム。
味変アイテム。

あけどやの美味しいチャーシューを乗せて、刻みネギを加えてタレをかけたチャーシュー丼。まぁ、あけどやのチャーシューが乗っているわけだからマズいわけがない。一通り、麺を食べてしまって、チャーシュー丼を味噌ら~麺のスープと合わせてみてもいい感じ。

あけどやのチャーシュー丼
あけどやのチャーシュー丼

あけどやの味噌ら~麺は実に美味しいな。またお邪魔してみることにしよう。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください