市川の「ベジーグラッセ」で夕食を食べてみた。

JR市川駅の南口を出て、アイアイロードを歩き、そろそろアイアイロードの端っこかなぁ…ってあたりに「ベジーグラッセ」ってお店がオープンしていたことはなんとなく気付いていた。お店の名前からして意識高めの女性達がデトックスを狙って特製スムージーでも飲んでいるんだろう…と謎の妄想をしちゃっていたので(汗)なかなか足が向かなかったけれど、意を決して行ってみた。


当然ながら、外観からは意識高い系の女性がスムージー…感は感じられない(当然だけど)

ベジーグラッセの外観。

ベジーグラッセの外観。

店内に入ってみると、近所の食堂感というか、なんとなくふらっと入りやすい雰囲気だった。なんといっても、普通におじさんが夕食を食べていたから、なんにも警戒する必要なかった(汗)

店内は定食屋さん風。

店内は定食屋さん風。

メニューを眺めてみると、ポークジンジャーとか油淋鶏とか…。近所の大衆食堂でも出てきそうなメニューではあるけれど、油淋鶏は、正しくは「揚げないさっぱり薬膳ソースの」油淋鶏なので、一工夫、二工夫はされているような気がする。

それに、鮭や鰤を使ったお魚メニューも用意されていて選ぶ楽しみもあって楽しい。例えば、「鰤の薬膳照り焼き 大根付き」ってメニューだけで美味しい印象を受けたのでお願いしたけれど、お邪魔した日は残念ながら品切れ。代わりに「ぶりの南蛮野菜盛り」はどうかと提案いただいたので、お願いしてみた。あとは「豚ジンジャー薬膳いため」と、「ポークハーブキャベツ添えグリル」。

ビールを飲みながら、ぼんやり店内を眺めているとランチメニューが紹介されていた。ランチは薬膳ドライカレー、生姜焼き、ガパオライスなどから選べるランチ。スープか、味噌汁が付属するかどうかや、メインを2品にするなどのバリエーションが用意されていた。これまた美味しそうだなぁ。

そんなことを考えている間に到着。写真を見てみると、ぶりの南蛮野菜盛り、豚ジンジャー薬膳いための見た目が似てるなぁって思うけれど、どれもご飯のおかずとしてぴったりな味わい。ということは酒のあてとして実にイイ感じ。グリルしたポークはやわらかいし、味もしっかり染みているし…。それぞれのお皿には野菜がしっかり添えられている(グリルしたポークの下にはキャベツが敷かれている)からヘルシーだし。

ぶりの南蛮野菜盛り

ぶりの南蛮野菜盛り

ポークハーブキャベツ添えグリル

ポークハーブキャベツ添えグリル

豚ジンジャー薬膳いため

豚ジンジャー薬膳いため

家庭料理くらいの気軽さで、家庭料理の上を行く美味しさを楽しめるお店だったなぁ。特に、野菜を食べられるってのは一人暮らしの男性にとってはとてもありがたいような気がする。またお邪魔しようかと思う。

参考リンク:
Veggy Glace(ベジーグラッセ)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください