市川駅前の「麺屋 亥龍」で醤油ラーメンを食べてみた。

以前から気になっているラーメン屋さんだったけれど、なかなか訪れる機会がなかった、市川駅前の「麺屋 亥龍」に行ってみた。

「麺屋 亥龍」は、市川駅の北口ロータリーから、ちょっと行ったところにあるラーメンのお店。通りがかる度に、お客さんが入っていて人気のお店であることは分かっていたが、なんとなく混んでる店には足が向かないままになっていた。

麺屋 亥龍の外観

麺屋 亥龍の外観

「麺屋 亥龍」に入ってみると、入り口近くに券売機があって、そこでチケットを買う仕組み。券売機を眺めてみると、背脂入りラーメンに醤油系ラーメンと、味噌系ラーメンがあって、それに魚塩ラーメンという別系統のラーメンがあって、それにチャーシューなどのトッピングが用意されている感じだった。

まぁ、とりあえず…ってことで、背脂醤油ラーメンのチケットと、トッピングの野菜盛りのチケットを買ってみた。チケットを買ったら、店員さんに空いているカウンター席に案内して貰った。どうやら、醤油ラーメンは麺を選ぶことができて、太麺か細麺かということだったので、太麺でお願いすることにした。

セルフサービスの水を汲んで、席に着いた。卓上のメニューを眺めていると、餃子も置いてあるようだった。あと、「麺屋 亥龍」が紹介されている雑誌の記事もあった。それを見る限り、店主は、背脂たっぷりのラーメンでおなじみの「なりたけ」出身とのこと。背脂ラーメンが醤油と味噌のラインナップというのは、そういうことだったのか。

卓上のメニュー

卓上のメニュー

ほどなくして提供されたのは、こんなラーメン。まぁ、店主さんが「なりたけ」出身ということで、きっとこんな感じだろうなーと思っていた通りのラーメンだった。背脂入りということではあるけれど、なんとなく抱くイメージほどはしつこくはなく、すんなり食べられるラーメンというのも、「なりたけ」譲りといったところだろうか。まぁ、野菜を追加したことで、さらにあっさりしたものになったんだろうけれど。

背脂醤油ラーメンに野菜盛り。

背脂醤油ラーメンに野菜盛り。

麺は太くもなく細くもなく

麺は太くもなく細くもなく

「なりたけ」系のラーメンにはブラックペッパーがよく合うのは確認済みなので、ブラックペッパーを追加してみた。やっぱりよく合う。実は半ライスが無料だったのに、半ライスを頼みそびれたことを後悔してしまった。

胡椒がよく合うスープ。

胡椒がよく合うスープ。

「なりたけ」系ということで、やっぱり味噌系も食べておかなきゃいけないなぁってことで、また食べに来ることになるだろうなぁ。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください