市川駅近くの中華料理のお店「来来来(サンライ)」が閉店するらしい。

今日はサイゼリヤでワインでも飲んで帰るかなと思ったのだが、市川駅の南口のサイゼリヤはキッチンが改装中とかで休業中…。うーむ。というわけで、久しぶりに北口の中華料理のお店の「来来来(サンライ)」に行ってみた。

いつもの「来来来(サンライ)」の店頭

店内は席の半分くらいが埋まった状態。奥の方に円卓はあるんだけど、一人で座るにはかなりの勇気が必要なので、そっと4人掛けのテーブルに座らせてもらった。メニューは昔ながらの街中華って感じ。市川駅の周辺って、こんな感じの老舗系の中華料理が少ないような気がする。(そういえば、本八幡の「若松」も閉店しちゃったし)

昔ながらの町中華なメニュー

で、ワインでも飲んで帰ろうかなと思っていたくらいなので、お得なセットメニューの「ほろ酔いセット」をお願いした。ちょっとしたおつまみ3品と瓶ビール、あとシメの麺類がセットになって1600円ぽっきり。おつまみ3品はメンマ、蒸し鶏の冷製、チャーシューの辛し和え。だらだらとスマホを眺めながら瓶ビールを1本飲むにはちょうどいいボリューム感なので、とりあえず、「ほろ酔いセット」をお願いしておけばあとはメニューのことを考えなくていい。

伝説のほろ酔いセット

「来来来(サンライ)」のほろよいセットのチャーシュー

麺類はラーメン、タンメン、ミソラーメン、もやしそばの中から選べるのだが(選べるのがまたうれしい)今回はもやしそばにしてみた。醤油ラーメンの上に塩味のもやし入りのあんが乗っていて、なかなか美味しい。

「来来来(サンライ)」のもやしそば

今日もまた、きっちりシメたなーと思っていた頃、常連と思しき先客がお会計をしていたら、店主の奥さんと話し始めた。その話が断片的に聞こえてきたのだが、「28日で…」とか「残念です…」とか「やっぱり、元気なうちに…」とか。話を総合すると、7月28日を最終営業日にして閉店するということだろうか。店主夫妻もご高齢そうなので、体力が必要な飲食業はやはり厳しいのだろう。確か、息子さんが厨房に立っていたと思うんだけどなぁ。職場の近くで飲んだ後、ふらっとワンタンを食べて帰るのにちょうどよかったんだけど…実に残念。

帰り際にお店の周りの写真を撮影してきた。

懐かしい感じのする店内

「来来来(サンライ)」の看板

趣ある外観

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください