架け替えが終わった行徳橋を渡ってきた。

天気が良かったこともあって、架け替えられた行徳橋の様子を見に行ってきた…ら、いつの間にか新しい行徳橋が既に供用開始されていた。


自転車で江戸川サイクリングロードを走って、旧江戸川の閘門を超えたところに新しい行徳橋は架けられていた。

東京側から見た新しい行徳橋

東京側から見た新しい行徳橋

てっきりまだ工事中であるとばかり思い込んでいたけれど、到着してみると既に供用が開始されていた。新しい行徳橋は自転車、歩行者用の道路と、自動車の道路に分かれており、自転車歩行者用の道路は旧行徳橋と比べると倍以上の道幅になっていたし、車道も以前よりゆったりした印象。旧行徳橋はヤバいくらいに道幅が狭かったので、この改善はいい感じ。

自転車道+歩道で2車線。

自転車道+歩道で2車線。

車道は対面1車線ずつ。

車道は対面1車線ずつ。

新しい行徳橋は旧行徳橋よりも高い位置に付けられているようで、新しい行徳橋から旧行徳橋は下側に見えた。

旧行徳橋。

旧行徳橋。

千葉側に渡ってみると、石で作られた銘板が置かれていた。

行徳橋の銘板

行徳橋の銘板

東京側(まぁ、実のところは千葉なんだけど)の道路の工事はほぼ終わっている印象だったけれど、渡ってみると対岸ではまだまだ工事が終わっておらず、行徳橋を渡って右折できなくなっていた。旧行徳橋の工事をやってる感じかな。

行徳橋の千葉側は工事中

行徳橋の千葉側は工事中

千葉側は江戸川の上流にしか行けず。

千葉側は江戸川の上流にしか行けず。

旧行徳橋は通行不能。

旧行徳橋は通行不能。

というわけで、新しくなった行徳橋はとりあえず渡れるようになってはいたけれど、まだ工事は続きそうだった。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください