行徳駅前の「やしま」で蕎麦を食べた

先日、行徳駅の近くに用事があったので出掛けてきた。ランチにはちょっと遅い時間だったこともあって、軽く蕎麦でも食べることにした。お邪魔したのは、行徳駅前の「やしま」という蕎麦屋さん。この「やしま」ってお店は、西葛西駅のメトロセンターにある同名の蕎麦屋の支店のようで、本店はなかなか評価が高いらしい。

やしま@行徳の外観

やしま@行徳の外観

訪れた時は、まだ暑かったせいか、冷たいそばがおすすめのようだった。

冷蕎麦のメニュー

冷蕎麦のメニュー

というわけで、冷やし蕎麦にすることにして、トッピングに選んだのは青ネギアサリ天。これは、青ネギとアサリを使ったかき揚げのようだ。券売機でチケットを買って店員さんに渡してしばらく待つことに。ぼんやり待ってたら、店員さんが持ってきてくれた。

冷やし青ねぎあさり天そば

冷やし青ねぎあさり天そば

待ってた時間から推測すると、蕎麦かてんぷらが作りたてじゃないかと思ったが、両方とも作りたてで、蕎麦はのびてないし、青ネギアサリ天は熱々だった。思ったよりはアサリの存在感が薄めではあったけど、揚げられてクリスピーな食感になっているネギが美味しかった。そばにかけられているつゆも色が薄目。醤油のしつこさもなく、さくさくと食べ進めることができた。

ダシの色は薄め

ダシの色は薄め

茹でたてのそばと、揚げたてのてんぷらが食べられるとすると、なかなかコストパフォーマンスが高いのではないだろうか。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください