京成八幡駅の近くにカフェがオープンしてた。

京成八幡駅の周辺は、再開発が完了して落ち着きを取り戻しつつある。京成八幡駅から八幡小学校に抜ける細い道と京成線の線路が交差するあたりには、老舗のパン屋さんの「ルチア」があるが、その線路を挟んだ向かいに、千葉県内に数店舗を構えるパン屋さんの「マロンド」がいつの間にオープンしていた。いつの間にか、パン屋さん激戦区になっていた。

そんなパン屋さんの密度が高いエリアの近く、もうちょっと八幡小学校寄りのところにカフェがオープンしているのを見かけた。お店の名前は「Cafe Hibiki」。一見するとシンプルな外観ではあるけれど、店内は木をふんだんに使った内装で、落ち着いた雰囲気。店の奥ではマスターがコーヒーを入れているのが見えた。チェーン系のカフェにはない雰囲気がいい。

Cafe Hibiki

京成八幡駅周辺には、日高屋とか立ち食いそば屋とか、ささっとランチを食べるには適した店はオープンしたが、食後のちょっと一息のために、カフェというと「ide cafe」くらいで、うっかり混んでいることも多い。少しだけ歩く必要はあるものの、「Cafe Hibiki」を知っていると、落ち着いてコーヒーを飲めるかも知れない。

Cafe Hibiki@本八幡

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です