市川駅前の「鈴家」にて、げそ天そば。

市川駅前のザ タワーズウエスト(南口のツインタワーの船橋側)には、気になるスポットがあった。駅前から、二階に上がるエスカレーターをあがったところにある市川食堂の奥に何やら赤い提灯がぶら下がっていて、何か飲食店があるのはわかったが、遠巻きに眺めているだけだと実態は分からなかった。

今回、意を決して近づいてみると、立ち食いそば屋風のお店(…カウンターには椅子があったので立ち食いではなかったのだが…)が見つかった。お店の名前は「鈴家」。入口の近くにカウンターがあって、カウンターと厨房の間には揚げてある天ぷらが置かれていた。

鈴家の店構え

鈴家の店構え

ちらっと、お店の隅を見てみると、小さな券売機が置かれているのが見えた。どうやら、まずは、券売機でチケットを買う仕組みらしい。とりあえず、かけそばのチケットを購入。さらにゲソ天ぷらを購入して、着席して待った。

麺は茹で麺のようで、冷蔵庫から袋入りの麺を出して、湯がいているのが見えた。わずか1分程度で着丼。この早さがいい。

「鈴家」のげそ天は、なかなか迫力がある。食べてみると美味しい。歯ごたえもいいけれど、天ぷらにする前に炊いてあるゲソなので、味もしっかりついている。あと、みじん切りのネギがいい感じ。また、あまり醤油が強くなく、ダシがしっかり効いてるつゆも美味しい。不思議なことだが、ゲソ天、つゆ、そばが一体感があって、ちょっとクセになりそう。

げそ天そば

げそ天そば

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です