本八幡に「vishamonte」ってデリのお店(イートインもあり)がオープンしていた。

本八幡でちょっと買い物をして帰ろうかなぁと思ってふらふら歩いていたら、「vishamonte」ってお店がオープンしているのを見かけた。

お店の名前は「vishamonte」って書かれていたので「びしゃもんて」って読むのだろうか。店内を覗いてみたところ、入り口近くにテイクアウトできるようなショーケースがあって、カップルがグラスを傾けていたので、店内でも飲食することができそうだった。近々、またお邪魔してみるかな。

Vishamonteの外観 その1
Vishamonteの外観 その1
Vishamonteの外観 その2
Vishamonteの外観 その2

お店の場所は、本八幡駅の南口を出てシャポーを下総中山方面に抜けて右に曲がってしばらく行ったところにある串カツ田中(…あ、今は串カツ宮迫か)の本八幡店の斜向かい。居酒屋の「穂々」の隣というか、串屋横丁の隣というか。

お店の名前で検索してみたら、instagramのアカウントがあったので、デリのショーケースの写真があったので埋め込んでみる。別の投稿によれば、お店の名前の由来は

私新潟県上越市出身でその地で山城を構えてた上杉謙信が祀ってた毘沙門天と イタリアの修行先ピエモンテをかけてVishamonteと名付けました

ってことなので、読み方は「ビシャモンテ」が正しそうな感じ。

追記:
2022年5月。久々にvishamonteにお邪魔してさくっと飲んでいくことにした。白ワインをグラスでいただきつつ、オーダーしたのは

  • 生ハムの盛り合わせ
  • トリッパの煮込み
  • イイダコのトマト煮込み

あたりだっただろうか(メモっておけばよかった…)

入り口のところにあるデリのショーケースを眺めながら何をお願いしようかと悩むのはなんとも楽しい。生ハムはいろんな味わいの生ハムが一皿に盛られていてワインによく合う。うまい。

生ハムの盛り合わせ
生ハムの盛り合わせ

そして、イイダコのトマト煮込み(写真を撮り忘れてしまった)とトリッパの煮込みがとても美味しかった。煮込み具合や味付けが絶妙で、まさにいい塩梅といったところ。特にトリッパは煮込みすぎていないせいか、ぷりっとした食感だし、大ぶりに切られているのでトリッパを食べている満足感がたっぷり。イタリア料理を出す店は多いけれど、こんなにきっちりした煮込み料理を提供できるお店は少ないんじゃないかなぁと思うくらいには美味しい煮込みをいただくことができた。

トリッパの煮込み
トリッパの煮込み

また機会を見つけてお邪魔したいと思う。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください